AGAの前兆

眉毛近辺にあるツボで薬などに頼らずAGA治療

日本でも悩んでいる人が多い男性型脱毛症であるAGAは、薬の投与での治療や植毛手術が最も効果的な解決策とされています。AGAを薬や手術をしないで地道に治療したいのなら、ツボ押しでの治療が効果があります。男性の頭髪が薄毛になる原因は、ホルモンバランスの崩れ・加齢・高コレステロールなど色々な説がありますが、有力な説としては血行不良があげられています。血管は全身に栄養を行き渡らせる役目があるので、血液循環が悪い状態だと全身に均等に栄養がまわらなくなります。頭皮にも栄養が届かなくなることで、健康な毛髪が育ちにくくなってしまうのです。ツボを押すことで血管の流れが改善し、頭皮の毛根の栄養状態も良くなり髪が生えやすい環境にできます。

AGAに良いツボの多くは、眉毛近辺に集中しています。代表的なものが百会(ひゃくえ)・太陽(たいよう)の二つです。百会(ひゃくえ)は両耳を結ぶ線と眉毛の間の眉間が交わる頭のてっぺんにあり、血管の動きを活性化する発毛効果があります。特に若はげには良く効くとされています。太陽(たいよう)は眉毛の眉尻と目尻を結ぶ線から外へ1.5cmほどずれた部分にあり、血行不良により起こるAGAには良く効くと定評のあるツボです。目の疲れをとる効果もあるので、パソコンなどで目が疲れた時にもおすすめです。この二つのところを押すことを日々の習慣にすることで、時間は多少かかりますが薬などに頼らず治療ができます。ツボは強く押した方が早く効果が出るとアザになるほど強く押す人いますが、これでは血管が圧迫されるので逆効果です。ポイントとして、体に負担がかからない程度の力で押すこと。爪を立てないようにし指の腹を使い、自分が気持ちいいと感じる程度の力で押しましょう。