AGAの前兆

AGAの治療途中のハゲ隠しにコスプレウィッグを利用

AGAは、男性ホルモンが原因で頭皮の毛根がダメージを受けることによる薄毛症状であり、その治療に有効な薬品も存在します。従って、薄毛で悩んでいる場合には専門医の診察と治療を受けることがベストな対策となります。しかし、この治療には、個人差や症状にもよりますが、数年間の期間が必要となります。
しかし、薄毛が気になって専門医の診察を受け、AGAと診断されるということは、その時点で既に頭部の外観が本人にとって気になる状態になっていることを意味します。即ち、ある程度ハゲや薄毛になっていることが多いのです。従って、AGAの治療が効果を発揮し、外観が気にならない状態になるまでの期間は、何らかの対策が必要となります。いわゆるハゲ隠しが必要となることが考えられます。特に女性がAGAに罹患した場合、外観で気になる部分を隠すことは、男性以上に深刻な問題となることが多くなります。
この対策、即ちハゲ隠しとしては、帽子が最も手軽な方法ですが、室内などの着用できない場所や状況もあるため、ウィッグ等を利用することが考えられます。ウィッグには医療用のものや装飾用など、様々な種類のものがありますが、考え方を変えるとコスプレウィッグも利用可能です。
コスプレウィッグは、一般的にはコスプレの際に、目的のキャラクターの髪形に近づけるために利用されることが多いため、黒髪のほかにも緑やピンクなどの鮮やかな色合いのものも存在します。医療用や一般的な装飾用のウィッグでは、それほどカラフルなウィッグはめったにありません。
フォーマルな場で着用することは難しい面もありますが、ハゲ隠しといった消極的な意味合いでウィッグを用いるよりも、むしろどうせウィッグを用いるならば、カラフルな色合いも多いコスプレウィッグを利用する方が、AGAの治療中であることを逆に楽しめる状況に身を置くことができ、精神的にもポジティブになれます。