AGAの前兆

AGAを家庭でチェックできることとは

AGAのチェックは頭皮などを調べたり、医者で調べてもらうと確実ですが、家庭でもチェックする方法があります。
まず、家族の中で、父、父方の祖父、もしくは、母方の祖父のいずれかに薄毛がある場合には、AGA発症の原因となる遺伝子は、両親、特に母方の祖父から受け継がれる遺伝子が多く関係しており、特に母方の祖父が薄毛だった場合にはAGAになる確率も高くなります。
最近抜け毛が多くなったという方は、AGAは毛周期が短くなるため抜け毛が増えるため疑ったほうが良いです。
毛周期が短くなることによって、細く短い髪の毛が多くなるため、生え際、頭頂部のハリとコシがなくなった場合には、発症する可能性があります。
AGAは思春期以降に始まり、ゆっくり進行します。思春期には、テストステロンの分泌が活発になるため、その時期に薄毛が気になりだしたならば、なる確率も高いです。
AGAの特徴は、薄毛がゆっくりに進行するため、薄毛がゆっくりに進行している場合は可能性が高くなります。急激な脱毛の場合には、それ以外の脱毛症の可能性があるため、早めの医療機関での受信をお薦めします。
額の生え際や、頭頂部の髪の毛が薄くなった場合、AGAの可能性が高いのですが、別な場所の髪の毛が薄くなった場合には、別な脱毛症であると考えられます。
家庭で、チェックして、当てはまる場合は、可能性が高いため、詳しい検査を受け、自分の頭皮の状態を確かめることが大切です。
家庭だけでは、最終的な判断はできないため、医療機関で専門的な治療をしてもらうことで、薄毛のリスクを減らすことができます。
また、家庭でのケアによっては進行を遅らせることもできるため、普段の生活習慣の見直しや、頭皮のケアが大切となります。