AGAの前兆

AGA治療と子作りの悩みについて

AGAと呼ばれる男性型脱毛症による薄毛に悩んでいる男性は非常に多いですが、今やAGAはクリニックで治療ができる脱毛症であることが知られるようになってきています。
しかし、AGAの治療はフィナステリド内服薬による治療になるのですが、このフィナステリドを飲むと精子の数が減少するであったり精力が減退するなどという噂があるのです。
子作りを目指している男性にとっては、薄毛という大きな悩みに子作りという悩みが出てきてしまうので非常に悩ましいものです。
そもそも、この精子が減少するや精力が減退などという噂は本当に正しいのかというところです。
フィナステリドはどの様にして抜け毛を抑えていくのかですが、AGAの原因は男性ホルモンが還元酵素である5αリダクターゼの働きによって抜け毛を引き起こすDHTに変化することなのですが、この抜け毛を引き起こしているDHTに変化させている5αリダクターゼの働きを阻害するのがフィナステリドの効果なのです。
つまり、フィナステリドは男性ホルモンそのものを減少させるというような成分ではないので、精子が減少したり精力が減退するという噂は事実ではないと思われます。
しかし、子作りに励む時にこういった悩みを抱えてしまうことはあまりいいことではありません。
理論上は無くてもそういった症状を感じる人がいるのは事実なので、もし気になるのであれば子作りの期間の前後だけはフィナステリドの摂取を中止するというのも良いでしょう。
計画的に子作りを行うのであれば1ヶ月前くらいから服薬を中止していればフィナステリドによる副作用の影響は無くなると考えられます。
また、他にも不安なことがある場合は担当の医師に相談して抱えないことが大切です。