ボーナス制度

ビットカジノがロイヤリティープログラムをリリース!新たなサービスとは?

ビットカジノ

仮想通貨に特化したオンライカジノのビットカジノはプレイヤー向けプログラムを大々的にリニューアルしました。

2019年12月に「ロイヤリティープログラム」という名称でリリースされています。

従来のボーナスプログラムに代わる新たなサービスの仕組みや内容、メリットや注意点などロイヤリティープログラムの全容を徹底的に分析してご紹介します。

リニューアルのポイント

ビットカジノの新サービス「ロイヤリティープログラム」へのリニューアルの最大のポイントは、ボーナス獲得型からポイント獲得型へのそもそもの考え方の変革にあります。

従来は入金ボーナスなどが中心で、入金額に対して一定の条件を設定してボーナスを付与していました。

ビットカジノではこのボーナス獲得型のサービスを廃止し、新たに賭け金に応じてポイントを獲得し、獲得したポイント数に応じてメリットを提供するプログラム形態に変更したのです。

ロイヤリティプログラムの基本構造

ビットカジノのロイヤリティプログラムはポイント制度とも言えるプログラムです。

基本的なルールや仕組みをまずはご紹介しましょう。

すべての基本は獲得ポイントにある

ロイヤリティプログラムのポイントはプレイすればするほど蓄積される仕組みです。

計算方法は1ユーロ賭けるごとに5ポイント加算される仕組み。

たとえば、0.1ユーロベットした場合には0.5ポイントの獲得です。

 

相場により日々変動しますが、1ユーロはおよそ日本円で125円です。

125円ごとに5ポイント獲得であれば結構貯まるような気がしますね。

 

ただし、リアルマネーでのプレイのみが対象です。

プロモーションコードなどで獲得したボーナスに対しては付与されません。

ロイヤリティレベルは7段階ある

獲得ポイントに応じてロイヤリティのレベルは以下の7段階に分けられます。

レベル ポイント数 必要なベット金
ビギナー アカウント登録
ファン 5ポイント 1€(約120円)
エキスパート 3,750 ポイント 750€(約9万円)
マスター 30,000 ポイント 6,000€(約72万円)
グル 250,000 ポイント 50,000€(600万円)
レジェンド 750,000 ポイント 150,000€(1,800万円)
VIP 3,750,000 ポイント 750,000€(9,000万円)

最上位のVIPになるとはるかかなたのイメージになりますが、4段階目のマスターまでは頑張れば到達できそうなポイント数です。

万一、ジャックポットで一獲千金などという事があれば、5段階目グルや6段階目レジェンドなども夢ではないかもしれません。

もちろん、レジェンドやVIPとしてプレイしているハイローラーも世界中には数多く存在しています。

ロイヤリティプログラムの具体的な特典とは

そして、ロイヤリティレベルに応じた特典は以下の一覧です。

レベル マイルストーン景品 キャッシュバックリベート
ファン
エキスパート
マスター
グル ハウスエッジの5%
レジェンド ハウスエッジの7%
VIP ハウスエッジの10%

それぞれの特典の具体的な内容をご説明しましょう

マイルストーン景品

マイルストーン景品とはプレイヤーそれぞれのスタイルに合わせた特典が付与される景品です。

当然内容はプレイヤーごとに異なり、具体的な部分は非公開になっています。

キャッシュバックリベート

グル以上のレベルに提供されるキャッシュバックリベートは、それぞれのゲームのハウスエッジに対する比率で付与されます。

たとえば、スロットでは平均ハウスエッジが4%なので、10000円賭けた場合は4%の400円がハウスエッジであり、グルであればその5%が付与されるという仕組みです。

実際には細かい規定やルールがあります。公式サイトでも詳しく説明されているので合わせて確認をおすすめします。

ロイヤリティプログラム活用の秘訣は継続にあり

今回ご説明したロイヤリティプログラムの概要は大きなベースとなる仕組みの部分です。

入金ボーナスは、入金に応じて資金が増加するのでとてもお得なプログラムのように感じられますが、実はボーナスには出金条件などが付帯され、ボーナスの数倍以上の賭け金をベットしないと出金できないなどの足枷もありました。

ロイヤリティプログラムは一見するとハイローラー向けのプログラムのように理解されるかもしれません。

 

しかし、ポイントは0.1ユーロのベットでも付与され、継続すればどんどん貯まることを考えれば、継続的にコツコツと楽しむプレイヤーにとってもメリットがあるプログラムとも考えられます。

まずはファンからエキスパートへ、ロイヤリティレベルの設定はプレイヤーとしてのマイルストーンとも言えるのではないでしょうか。